巫女占い師《紫月 千穂美(しづき ちほみ)》

1月13日生まれ。やぎ座。A型。宮崎県出身。
巫女だった前世でやり残した使命を今世全うするために、導かれるように占い師になりました。
双子ちわわと暮らしてます。神社が大好きです。

20代前半、自分自身が精神的に病んで苦しんだ事をきっかけに、精神世界に興味を持ち、メンタルケアの仕事がしたいとメンタルケア心理士の資格を取得。
その後、もっと身近に手軽に、悩める人の相談や手助けが出来る仕事はないかと模索していたところ、訪れた先の占い師に「占い師に向いてる」と言われ、占い師になることを決意。
今年で占い歴12年目となりました。

元は占いを信じていなかった(霊は信じてた)私ですが、占いを知れば知るだけ、学べば学ぶだけ、占いの凄さを実感し、今では占いをするのもされるのも大好き。

人生に悩んで来た私だからこそ、自信を持って言えます。
人は変われます!!!
宿命を知って宿命にそった生き方をすれば、人生は好転します!

現在紫月は、市杵島姫神(宗像三女神の一柱)からの守護を主に、稲荷神やその他の神々、また金龍などの力を借りながら、日々皆さまが笑顔になるためのお手伝いをしております。
巫女体質を活かした、ただの占いにはとどまらない鑑定を、ぜひ一度受けてみてください。